41歳男、理想と現実のギャップに付いていけなく辞めました!

私は今、現在40代前半、男性会社員であります。
私は以前にアパレル関係で働いていたことがありました。
元々から私はオシャレすることが好きだったので、社会人になってから直ぐにでは無かったのですが、一時期働いていました。

髪型から上着、そしてパンツや靴、また細かく言えば靴下や冬ならマフラーと様々にオシャレすることが好きでした。
ですので、1度はアパレル関係で働いてみたいと思っていたのでした。

そして、幸いにも私がアパレル関係で仕事を探している時に、私の好きなブランドの求人募集があったのでした。
私は直ぐさま応募し返事を待ったのでした。
すると、しばらくして返事が来て そして面接したいと言われたのでした。

私は物凄く嬉しかったので、よりその面接には気合いを入れて望みました。
幸いにも中途採用と言うこともあり、何と私ともう一人だけの面接だったのです。
私はそのもう一人の人に負けないよう、まずは声をしっかり大きく出し、更にはしっかりと受け答えを成功さしたのでした。

すると、またしばらくして返事が返って来たのでした。
採用と言う通知が来たのです。
私はこの時ばかりは本当に嬉しくて、ついつい周りの人間に言いふらしたのでした。
そして、いよいよ仕事が始まり、私は緊張もしましたが、やりたい仕事でしたので本当に嬉しかったのを今でも鮮明に覚えています。

また、店長も面接の時にいたのですが、その人からもたくさんの仕事を教えて貰いました。
おかげさまで半年ほどで会社の仕事のながれを大体こなせるようになりました。
時には店長自ら私にアパレルについてを話してくれたりもしていました。
また、仕事が終わってからのミーティングは勿論のこと、時にはお酒をご馳走してくれたりもしました。
しかし、私はそんなアパレル関係の仕事を辞めることになったのでした。
最初は物凄くアパレル関係で働けることを喜んでいたのですが、しかし、現実は全然想像もしていなかったことが多々ありました。
そして、私は理想と現実のギャップについねいけなくて辞めました。