20代女性 アパレルのつらさ

20代、女性、現在は会社員です。
今の会社の前にアパレルで勤務していました。
女性ものアパレル某大手衣料品チェーンで勤務していました。
働いたきっかけは単純に洋服が大好きだったからです。
特に働いたチェーン店の洋服はいつも着ていました。
よく店舗にお客さんとして買い物に行っているときは、店員さんもとてもかわいくてやさしい方ばかりだと思っていました。
私もこんな風に楽しく働きたいと思ったのがきっかけです。
面接して合格して、シフトせいの勤務でした。
働きだしてまず、常に新作を自分で購入しなければなりませんでした。
ある程度購入することはわかっていましたが、毎月毎月、購入し金銭的にかなりきつかったです。
また、店舗にたつときも他の先輩と洋服がかぶってはいけないので、いつも予備の服を持っていました。
くつも販売しているチェーン店でしたので、くつも購入していました。
また一番苦しかったのはノルマの達成です。
ノルマが毎月一人一人あたえられていて、なんとしてでもその数字をこなしていくという雰囲気でした。
朝礼では毎日昨日の実績が発表され、自分が獲得できていないととても気まずい雰囲気でした。
お客さんとして利用しているときは、きれいで、かわいいところしか見ていませんでしたので、アパレルの裏側をみて少しショックでした。
自分も本音ではないことをお客さんに言い、購入してもらう、というのは最初は慣れずつらかったです。
また、外からみれば店員どおし、仲良さそうにみえますが、中ではバチバチとしていることも多く、女だけの職場でしたので、悪口なども毎日耳にしていました。
アパレルで働きたいという人は多いでしょうしもちろん、とても働きやすい職場もあると思います。
大切なのはまず面接の時にどれくらいのノルマがあるのか、自分が購入すべき服は毎月どれくらいなのかを確認しておいた方が言いと思います。
そこまで給料が高くないのであれば毎月の出費がかなり辛くなると思います。